2006年03月09日

加湿器があると全然違う

社会人で肌が乾燥する人の原因のひとつが職場の暖房です。

乾燥に関しては、ほとんど考慮されていない。

日本は、夏湿冬乾の気候の上、冬の暖房で、冬は非常に肌が乾燥します。

ここでは、秋から春に掛けてどのように肌乾燥対策していくかを考えます。


まず、とても大事なのが、化粧水と乳液ですよね。

乾燥している場所に出て行く場合は、乳液が欠かせません。化粧水で潤った肌が乾燥してしまわないように油分の多い乳液で保護します。


次に大切なのは、自宅の環境です。

自宅が適切な湿度であれば、肌が回復することができます。

これはとても重要で、1日のうち、せめて自宅にいる時間は肌をいたわってあげることで、元気を取り戻すことができるんです。

自宅での肌の回復が充分でなかった場合、肌はどんどん、どんどん疲弊して、乾燥していきます。1日での違いは自覚できないかもしれませんが、乾燥する季節は短くはないですから、秋口からは特に自宅の環境に気をつけることが大切です。

問題は、自宅でも冬は暖房をつけることです。同じく乾燥します。冬は寒いですので、仕方ありません。

そこで、加湿器を買うことをおすすめします。買うとは言っても、加湿器はそれほど高価なものではありません。気軽に買えますし、全然違いますよ。

ぜひ試してみてください。
posted by 肌乾燥対策メンバーズ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。